排水設備工事責任技術者

指定工事店制度と排水設備工事責任技術者について

 

下水道の排水設備については、下水道法第10条において公共下水道の供用が開始された場合においては、当該公共下水道の排水区域内の土地の所有者、使用者又は、占有者は、遅滞なく、排水施設(以下「排水設備」という。)を設置しなければならない旨が規定されています。

『標準条例』においては、排水設備等の新設等の工事は、市(町村)長の指定を受けた者(以下「指定工事店」という。)でなければ、行ってはならないと規定しています。 また、指定工事店は、営業所ごとに、排水設備工事責任技術者を専属させなければなら ないとの規定があります。 排水設備工事責任技術者は、排水設備等の新設等の工事の技術上の管理、従事者指導及び 法令規定に適合していることの確認などの職務があります。 県内市町村も条例及び規則等で同様な規定を設けています。

 

排水設備工事責任技術者資格の認定・登録について

新潟県においては、排水設備工事責任技術者の認定及び登録については、各市(町村)において試験を実施し、登録を行っておりましたが、平成6年度から公益財団法人新潟県下水道公社(以下「公社」という)と県内の各市町村で協定を結び、認定及び登録業務を公社が行っています。

排水設備工事責任技術者資格の更新時(資格有効期間5年)には、更新講習を受講することを義務づけています。  他の都道府県でも、都道府県単位で認定試験を実施しています。

 

件名 ダウンロード
平成29年度年間予定表(PDF)  width=
平成29年度認定試験講習受講案内について(PDF)  width=
平成29年度認定試験受験案内について(PDF)  width=
平成29年度登録更新手続き及び登録更新講習について(PDF)  width=
平成28年度認定試験合格者番号一覧(PDF)  width=
Copyright(c) 2017 Niigataken Gesuidou kousha All Right Reserved.